HOME > チョウザメ養殖場の紹介

チョウザメ養殖場の紹介

ベステルの養殖
チョウザメ養殖を始めたい方へ

沿革

1973年
ニジマス・ヤマメ等の渓流魚の養魚場(湯来フィッシングガーデン)として開業
2000年
趣味でチョウザメ(ベステル稚魚数尾)を飼育し始める
2008年
チョウザメ観賞魚販売開始
2009年
屋号を「廣島蝶鮫」に変更

会社概要

屋号
廣島蝶鮫(ひろしまちょうざめ)
代表
藤本 一義
所在地
〒738−0721
広島県広島市佐伯区湯来町大字多田214
連絡先
0829-85-0257
創業
2009年11月
業務内容
チョウザメ養殖・販売
取扱品目
チョウザメ(観賞用・食用)
チョウザメ関連グッズ

山林に囲まれた養殖場

広島の奥座敷「湯来町」…。

その中心部から更に山道を遡ったところに廣島蝶鮫の養魚場があります。

以前はニジマス・ヤマメ等の渓流魚の養殖をしていた池をそのままチョウザメ用に変えて利用しています。

新しい水を好むチョウザメにとって流水飼育のできる渓流魚用の池は最適で、大小数千尾のチョウザメが泳ぎ回っています。

廣島蝶鮫では、チョウザメ養殖の盛んな海外の地域から、受精卵・孵化仔魚(ヨークサック)・稚魚(5cm)で大量に輸入し育成しています。

食用販売も行っている「養魚場直売の観賞魚」という強みを活かし、水とエサにこだわって大切に育てたチョウザメを1尾ずつお届けします。

チョウザメの卵 チョウザメ稚魚のプラ船 チョウザメ用の飼育池 チョウザメ孵化 チョウザメ稚魚 チョウザメ捕獲 水槽のチョウザメ 巨大チョウザメ
日本蝶鮫振興会のHPへ
ページの先頭へ